エックスモバイルのプラン料金など基本情報まとめ

エックスモバイルとは

エックスモバイルはベンチャー企業のエックスモバイル株式会社が運営する格安SIMで、以前はもしもシークスというサービス名でしたが現在は社名と同じエックスモバイルに統一しています。

音声SIMが最安で1,000円未満で使えるほか、格安SIMでは珍しい時間無制限のかけ放題オプションもあります。

回線はドコモ回線で、ドコモで購入した端末であればSIMロック解除しなくても使うことができます。

エックスモバイルの基本プランと月額料金

エックスモバイルの基本プランはデータ容量500MBが基本となり、そこにデータ容量を追加する形です。

そのため500MB、1.5GB、3.5GBといったデータ容量になります。

基本プランの基本料金

 通話SIMデータSIMデータ+SMS
500MB980円380円580円
1.5GB1,580円980円1,180円
3.5GB2,180円1,580円1,780円
5.5GB2,780円2,180円2,380円
7.5GB3,380円2,780円2,980円
10.5GB3,980円3,380円3,580円
30.5GB4,580円3,980円4,180円

※価格は全て税別

エックスモバイルで使えるデータ容量は最大30.5GBです。

公式サイトではデータ使い放題と書かれていますが実際は30.5GBまでがデータ高速通信できる容量で、それを超えると速度制限がかかります。

ただ一般的な使い方であれば月30GBあれば十分なので、制限はあるにせよほぼデータ通信量を気にせず使えるでしょう。

その他ポイントのまとめ

基本料金以外の格安SIMの評価ポイントについてまとめました。

項目有無内容など
かけ放題あり5分:850円
無制限:1,800円
音声SIMの縛りあり12カ月
早期解約時の解除料あり10,000円
実店舗あり
実店舗での即日開通実店舗で受付
端末保障あり
シェアSIMなしただし同一名義で
3回線まで契約可能
クレジットカード以外の支払い口座振替での支払い可能

エックスモバイルはフランチャイズ制の店舗が各地にあり、契約やMNP手続きを行うことが可能です。

またかけ放題も5分に加え、時間無制限のかけ放題も提供されています。

エックスモバイルショップ一覧

エックスモバイルのメリットとデメリット

メリットその1:時間無制限のかけ放題オプションがある

エックスモバイルでは時間無制限のかけ放題オプションが提供されています。

格安SIMで時間無制限のかけ放題オプションがあるのはワイモバイルとエックスモバイルだけで、ドコモ系格安SIMでは唯一の無制限かけ放題なのはメリットです。

かけ放題の方式は異なりワイモバイルは通常の電話回線、エックスモバイルはプレフィックス方式なので使い勝手はワイモバイルに譲りますが、長電話をよくする人であれば十分に利点があります。

メリットその2:通話SIMが最安1,000円未満で使える

エックスモバイルの通話SIMはデータ容量500MBのプランが月額980円で、高速データ通信が付いたプランでは格安SIM最安の価格、全体で見ても2番目の安さです。(最安はロケットモバイルの低速無制限プランで948円)

もちろん500MBの容量はまともに使うとすぐなくなってしまうのでこれをメインに使うのは難しいですが、サブ機やDSDS(2枚同時待ち受け)が可能な機種で使うなど、ランニングコストを抑えながら電話番号を維持するのに向いています。

メリットその3:ドコモ系の端末ならSIMロック解除しなくても使える

エックスモバイルの回線はドコモのものを使っています。

ドコモ系の回線を使う格安SIMでは、ドコモで購入した端末はSIMロック解除をしなくても使う事ができます。

そのため、SIMロック解除をしていない中古端末や解除ができないiPhone6以前の端末など、端末の選択肢が広がります。

UQモバイルやワイモバイルはauやソフトバンクという親会社からの移行であってもSIMロック解除をしなくては使えないので、現状ではドコモ系格安SIMならではのメリットです。

(auやソフトバンクは2017年8月1日以後に発売された端末で同じ回線であればSIMロック解除不要)

デメリットその1:データ容量の繰り越しができない

ほとんどの格安SIMではデータ容量が余った場合、来月に繰り越すことができるのですが、エックスモバイルは繰り越しができません。

繰り越し分のデータ量が毎月無駄になるので、普段より多くデータ量を使ってしまうと速度制限になりやすいのがデメリットです。

デメリットその2:通信速度が遅い

これはワイモバイルとUQモバイル以外の格安SIM全般に言えることですが、昼12時台や19時前後など多くの人がスマホを使う時間帯になると速度が低下します。

低下時は概ねLINEなどのテキストメッセージであれば問題なく使えますが、ブラウジングは画像の読み込みが遅くなり、高解像度の動画の再生は難しくなります。

これはワイモバイルとUQモバイル以外の格安SIMでは概ね同じような状態です。

混雑時以外であれば問題ありませんが、それでも速度が早いほうがいい!という人はUQモバイルかワイモバイルの利用を検討しましょう。

ドコモ系で時間無制限のかけ放題を使いたいならエックスモバイル一択

エックスモバイルの最大のメリットは何といっても時間無制限のかけ放題オプションがあることです。

これに近いのはOCNモバイルONEの「トップ3かけ放題」くらいで、どこにいくらかけても定額になるのはエックスモバイルだけです。

プレフィックス方式なので0120のフリーダイヤルや三桁番号(110、119など)にはかけられないという制限はあります(通常の回線での発信は可能)が、電話をかなり使う人はエックスモバイルのかけ放題オプションを利用してみてはいかがでしょうか。

エックスモバイルの申し込みはこちら↓

エックスモバイル(公式)

スポンサーリンク